「21世紀の落語入門」を読みました

今日も「読書日記」です。

本日、小谷野敦著「21世紀の落語入門」を読み終わりました。

21世紀の落語入門 (幻冬舎新書)

21世紀の落語入門 (幻冬舎新書)

読んだのは、2012年5月30日発行の第1刷でした。

読んだきっかけ

ここ数年、友人に連れられて寄席や独演会に行くようになりました。一時期「捕物帳」にはまっていたことがあったので、噺のベースとなる風俗はわかるのですが、志ん生とか圓生とか言われてもちんぷんかんぷんなので、そういった知識をインプットできるならと思ったのです。

本書の要点

 初心者は、存命の落語家より志ん生文楽圓生といった過去の名人のものを聞くように、と勧めておられます。あとは「寄席礼賛の風潮に流されない」ということ、「落語を楽しみための基本的な知識を解説書などで身に着けよう」ということでしょうか。

気になったところ

「寄席礼賛の風潮に流されない」というのはよくわかります。前述の友人と浅草演芸ホールに行ったとき、出てくる人出てくる人面白くなくて友人が次第に不機嫌になり、挙句喧嘩になってしまったことを思い出しました。

その他気になったのは立川流に関する箇所でしょうか。

近ごろ、立川流真理教徒みたいなのがいるようだ。私はプロ野球のチームのファンというのが理解できない。チームなんて選手はどんどん変わるではないか。相撲の世界で、出羽海部屋のファン、などというのは、後援会に入っているのでもない限りない。なのに野球の世界だけ、そういうことがある。いや、サッカーとかにもあるのか。

 立川流ファンというのは、そういう感じのものである。私が一番いいと思うのは志らくである。アレンジの冴えは一番と言えようし、映画好きなのも、先代圓楽が教養をひけらかしたような嫌味さがないのは、自分で狂気じみた落語家を演じているからだろう。逆に、いちばん嫌なのは志の輔で、これは別のところで書いたが、仲間外れにされている人間を嗤いものにするようなマクラ、「水戸黄門」をネタにするところ、感心しないのである。小朝も、現代受けするようなマクラや地噺をやるが、志の輔ほど俗には流れないだろう。あと談春も、普通のできているという以上のものがあるとは思えない。

私は立川志の輔の面白さが全くわからなくて、WOWOWで「志の輔らくご」が放送されていても一度も見たことがありません。

立川流礼賛に懐疑的、というだけで著者に共感してしまいました。

まとめ

この新書を読んでも 落語に関する蘊蓄が全く頭に定着しませんでした(^^;

通ぶるのは私には無理、楽しむだけにした方が良さそうです。

 ちなみに私は柳家小三治柳亭市馬が好きです。柳家花禄も独演会に行ったら良かったので好きになりました。桂歌丸は飛行機の中で聴いた「紙入れ」という噺が面白かったので、その後YouTubeでいくつか動画を観てすっかりファンになりましたが、最近体調が悪いようなのでとても心配です。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 」を読みました

今日も「読書日記」です。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 」という本を読んだので、備忘のために書いておきます。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

読んだのは、2016年2月3日発行の第8刷でした。

読んだきっかけ

先日、今年になって株を始めた、という話を書きましたが、ほとんど勉強せずに始めたので一度投資に関する本を読んでおかなければならないと思いAmazonで検索していたところ、初心者向けの本書の存在を知り読んでみようと思いました。

本書の要点

経済評論家の山崎元さんと金融知識のないライターさんの対談形式で投資について説明されています。ライターさんの全財産は500万円、この500万円を運用して老後に備えたいけれど、お金を減るのは絶対嫌だ!ということで、できるだけリスクを取らない投資方法について話が進んでいきます。

投資初心者向けということで、非常にわかりやすかったです。対談形式なので、情報が最小限であるというのがわかりやすい要因なのだと思います。

最後にポイントがまとめてあったので引用します。

  1.  自分の今の貯金から、当面の生活費を引いた上で、絶対減ってほしくない「安全資産(A)と、増えるかもしれないし減るかもしれない「リスク運用資産(B)」に分ける。
  2. ネットの証券会社に口座を開く。
  3. 安全資産(A)で個人向け国債「変動10年型」を買う。
  4. NISAに口座を開く。
  5. 「リスク運用資産(B)」で投資信託の「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を半々ずつ買う。このとき100万円分はNISAの口座を使い、残りは証券会社の普通口座で買う。
  6. 利用できる人は確定拠出年金も利用する。確定拠出年金では外国株式のインデックスファンドを割り当てるとよい
  7. お金がたまってきて、追加で投資信託を買うときは、国内と海外のインデックスファンドが資産全体で半々になるように買う。ただし全体が4:6~6:4の間に収まっていればよい。

 

  • FXも個別株も買わない。外貨預金もやらない。手数料の安いインデックスファンドだけに投資する。
  • 保険には入らず、入ったと思って運用にまわす。何かあったときは貯蓄から使う。
  • 確定拠出年金に入れる人は上限まで利用する。
  • NISAも確定拠出年金もはじまったばかりの制度なので、制度の変更がないかは今後チェックする。

気になったところ

自分がやっていること、これからやろうと思っていることは強ち間違っていないのだと思うことができて良かったです。

また、先日、FPの資格を持つ知人が「個人型確定拠出年金は絶対良いので、私ももうちょっと勉強して始めようと思っているのよ」と言っていて気になっていたのですが、この本でも確定拠出年金を勧められていたので、資料請求をしてみました。

あと投資には関係ないのですが、「結婚は得か?」と質問された山崎さんが「家計をキャッシュフローにたとえるなら、稼ぎのある奥さんは資産になるけど、そうでない奥さんは負債になる。それに、収入がない人だと離婚するときに養育費を払う額が増えるからね」と言っていて、生涯未婚率が上昇傾向にあるのはそういう風に考える人が増えたからなのかもと思いました。

まとめ

 体力、気力、記憶力、運動能力...色々なものが衰えていく老後を考えると不安で堪らないけど、不安から色んなものに手を出さないようにしないといけないなとあらためて思いました。

健康で働けるうちは働いて、株式投資は自分が利用しているサービスを提供している企業は応援するつもりで行い、所得税控除を受けられる確定拠出年金は限度額いっぱいやってみる。そんなところでしょうか。

 

「お寺さん崩壊」を読みました

「ブログに何を書こうかな?」と思っているうちに45日が経過していました(^^;

久しぶりの今日は5月1日に読み終わった水月昭道著「お寺さん崩壊」のことを書こうと思います。

お寺さん崩壊 (新潮新書)

お寺さん崩壊 (新潮新書)

読んだきっかけ

少子高齢社会となり、様々な面で世の中が激変していることを感じる今日この頃、

「坊主丸もうけ」なんて大ウソ! 檀家激減で、寺院経営は大ピンチ。

という帯を見て、お寺も人口減少による需要減と無縁ではないのだな...と思い手にした次第です。 

「お寺さん崩壊」の要点

人口減少で消滅する可能性がある自治体が896に上るという新聞記事が出たのはもう3年も前のことですが、お寺さんも消滅する可能性が高いということが書いてありました。

私の実家の檀那寺は「檀家が300軒以上あって安泰」と母が言っているのを聞いたことがあります。しかしながらこの本によれば、お寺さんの健全なる財政環境の分岐点は檀家300軒らしいので、特に儲かっているわけではないということがわかりました。

気になったところ

1点目は「法事をまとめて済ます檀家さんが現れた」という件です。

 だが、悲しいかな。都会などでは、法事そのものが激減しているらしいではないか。ご葬儀のあとは四十九日をして、一周忌。その後は随分と飛んで七回忌で終わり、ということもあるとかないとか。
 お寺の人間にとってはゾッとする話だが、そう言えば筆者の寺がある田舎でもそうした兆候が若干目立ちはじめたから人ごとではない。
 たとえば、ずっと昔に亡くなったお爺ちゃんの二十五回忌と、一昨年亡くなったばかりのお婆さんの三回忌が同じ年にあたることとなった。入滅の時期(季節)を調べるとこれまた冬。なので二つの法事をあわせて一度で済まそうか・・・・・・、などということはもう当たり前になりつつある。
 (中略)
 ちなみに、お布施も故人お一人分にまとめてあったりと、簡略化・効率化の流れはかように大きい。

うちでも父の三回忌と祖母の五十回忌を一緒にやりました。父は冬、祖母は秋に亡くなっているんですけどね。

これはお金のこと、手間のこと、親族に出向いてもらうことへの慮り、色々理由はあると思います。

 2点目は、仏教は「自分探し」ではなく、「自分無くし」というところです。

 世間では殊更に、自分らしく生きるとか自己実現を果たそう、などのかけ声がいまだ大きい。が、仏教では自分の我執を薄めよう、とか、そのためには(欲を)捨てることを覚えようなどと、まったく逆方向の叱咤がなされてきた。それも二千五百年も前から。
 自己実現よりも、「自分無くし」に力を入れるほうが仏果(悟り)を得る近道だからなのだろう。
 そもそも、お釈迦様はこうも仰っておられる。
「あらゆるものは全て同じ形のままではいられずに常に変化していく(諸行無常)」
「あらゆる存在には"我"といったものなどない(諸法無我)」
 つまり、私たちはいま生きていることを当たり前のように捉えているが、いつかは生身の体におさらばしなければならない、常ではない(無常の)世界に生きているわけで、そこでいろいろなものを手に入れたとしても、いずれは全て手放さねばならない。いま"私"だと思っている自分も、本当のものではなく仮の姿に過ぎない、と仰っておられるのです。

 自分探しに忙しい若者は、仏教を学べばよいのではないでしょうか。

まとめ

 日本の仏教は「葬式仏教」と揶揄されることもあるようですが、これからは弔いに対する考え方もどんどん変化してきて「葬式仏教」としても残れないようになるのではないでしょうか。

混沌とした世の中では救いを求める人々が増えると思いますが、その時に「お寺さん」を救いの場として選択する人は少ないような気がします。

 

ラ・ラ・ランドー愛し合う男女がズレていく

やっと「ラ・ラ・ランド」(原題:LA LA LAND,2016年アメリカ映画)を観に行きました。

アカデミー賞作品賞確実!」と絶賛されていたので「観たい!」と思っていたのですが、アカデミー賞授賞式の作品賞発表時のあの残念な感じ?で鑑賞意欲が減退し3月下旬になったのでした。

  • あらすじ
  • 良かったところ
  • まとめ 

あらすじ

ハリウッドで女優を目指すミアと、自分の理想どおりのジャズバーを開くことを夢見るピアニスト・セバスチャンの恋物語ミュージカル映画なので登場人物が突然踊りだしたり、歌いだしたりします。

以下、ネタバレがありますのでご注意。

続きを読む

株はじめました

今年になって株を始めました。

NISAの枠内でやってみようと思い立ち、2016年1月に証券口座を開設していたのですが、昨年は100万円単位のお金が消えていく事態に見舞われる可能性があったため放置していました。

今年になってその心配がなくなったので始めたわけです。

目的の明確化

株式投資」と言っても、私は投資目的で株を保有し、売買で利鞘を稼いで資産を増やしていく...ということができる知識や能力がないので、まずは自分が日頃利用しているサービスを提供している企業を長期に亘って応援していくというつもりで株を買うことに決めました。応援ついでに配当金や株主優待があったらいいな、という感じです。

どこの株を買うか

株主優待という観点から、選んだのはダスキンリンガーハット

ミスタードーナッツと濱かつをよく利用するので、以前から株を始めるならここかな、と思っていたからです。

買い方を失敗(T^T)

証券口座は楽天証券で開設したのですが、「画面の見方」など全く確認しなかったため注文する際にNISA口座を選択しなければならないことに気付かずに注文してしまい、本日までNISA口座は全く活用されていない状況です。

f:id:castle_love:20170322101017p:plain

私、仕事でもとりあえずやってみる派で、時折上司の要求と違うことをやらかしてしまうことがあります。よくない性向です。

現在は様子見

上記2銘柄を購入した後は、気になる8銘柄を「お気に入り銘柄」に登録して様子見をしています。

2銘柄はリンガーハットの下落分をダスキンの上昇分が埋めている感じです。「お気に入り銘柄」8銘柄の方はすべて株価が上昇しています。

グリコで後悔

中でも江崎グリコですが、私がチェックした時は5,000円だったのが昨日の終値で5,600円になっていました。

江崎グリコが発売しているgg(ジージー)という化粧品を使っていたので、「江崎グリコは買い」と思っていたのですが、単元株数の100株だと50万円になるから「もうちょっと様子見るか」と思っているうちにどんどん上がっていったんですよねぇ。

こういう思い切りの悪いところ、私が株式「投資」に向いていないところだと思います。

まとめ

株を始めてから、経済ニュースをより注意深く見るようになりました。興味・関心を持って見ると、情報の定着の仕方が格段に違います。

それは仕事をする上でも役に立っていくのではと思います。

今後はNISAの限度枠を埋めるべく、企業研究を進めていきます。頑張ります。

漢検準1級合格への道...になればいいけど

3日前のブログに、今年の目標として「学びの時間を増やす」を掲げていて色々な資格に挑戦しようと思っている、と書きましたが、今は漢検準1級の勉強をしています。

私は子どもの頃から国語だけはよく出来て、日常生活では読めない漢字がほぼなかったのですが、数年前に自信満々で準1級を受験したところ、結果は147点で不合格でした。

得意だと思っていた漢字で結果が出せず、大そう落ち込み今に至るのですが、やっと再挑戦する気になりました。

漢検準1級は200点満点で160点取れれば合格です。147点というと合格に全く手が届かないというわけではないけど、「惜しいっ!!!」という感じでもなく、何ともビミョーな点数ですよね。

ちなみに漢検2級は満点狙いで受けて188点でした。こちらも自分ではビミョーな結果でした。

自分の弱みはどこか

漢検は他の試験と違って、合格・不合格問わず詳細な「検定結果通知」を発行してくれます。

自分がどの問題を間違えたのかを確認できるだけでなく、分野別のレーダーチャートで得意分野、苦手分野がわかるのです。再受検のモチベーションを高めようと、そんな手間のかかることをしているのでしょう。

その「検定結果通知」によると、私はすべての問題で満遍なく(?)誤答していましたが、特に対義語・類義語、故事成語が弱点となっていました。また、四字熟語の意味の間違いもありました。

たとえば「盲亀浮木」という四字熟語があります。

この言葉は、「大海中に棲み、百年に一度だけ水面に浮かび上がる目の見えない亀が、漂っている浮木のたった一つの穴に入ろうとするが、容易に入ることができない」という寓話によるもので、人として生まれることの困難さ、そしてその人が仏、または仏の教えに会うことの難しさをたとえたもの、「会うことが非常に難しい、めったいないこと」という意味なのですが、私は「欠点のある人は災難に遭う」というような意味なのかしらと思っていたんですね。

どんな勉強をしていくか

前回の受検で完璧な分野がなかったので、とりあえず問題集を購入しました。性格的に「問題集が手元にあるとそれだけで勉強した気になってしまう」傾向がありますが、やはりコツコツ勉強するためには問題集は必要である気がします。

購入したものは「分野別 漢検でる順問題集準1級」(旺文社)、「赤チェックシート付漢字検定準1級[頻出度順]問題集」(高橋書店)、「本試験型漢字検定準1級試験問題集」(成美堂出版)、「漢検 準1級 分野別 精選演習」(日本漢字能力検定協会)の4冊です。

分野別 漢検でる順問題集 準1級

分野別 漢検でる順問題集 準1級


赤チェックシート付 漢字検定準1級[頻出度順]問題集

赤チェックシート付 漢字検定準1級[頻出度順]問題集



漢検 準1級 分野別 精選演習

漢検 準1級 分野別 精選演習

現在は「分野別 漢検でる順問題集」の問題をExcelに入力しながら覚えるということをやっています。

こんな感じです。

f:id:castle_love:20170317102431j:plain

この画像に載っている中でわからなかったのは「忽せにできない」だけだったのですが、読める字も入力しています。時間の無駄かも知れません。

学習上の隘路

勉強する上で隘路となっているのは、私が漢字を読む時に意識しているルールが適用できないものが頻出するということです。

ルールというのは、旁が同じ漢字の音読みは大抵同じ、 といったものです。

たとえば、鶉、醇、淳、惇は全部「ジュン」、享は部首がなべぶただから読みが違うとか。

そういう自分ルールのある私には「荏苒」を「じんぜん」と読むとか、全く意味不明です。

「撞着矛盾」は「どうちゃくじゅん」って読むのに、 どうして「刀槍矛戟」は「とうそうぼうげき」なんだろうと考えると夜も眠れなくなります。

まとめ

対策としては地道に学習し、多くの漢字に触れていくこと、よくわからない時は出典や漢字の成り立ちを調べていくことしかないのでしょう。

たとえば「尤める」、論語に「天を怨みず人を尤めず」という言葉があるらしいですが、「尤める」は「とがめる」と読みます。漢字源で調べたら「尤」という字は手の形がもとになっているらしいので、「人を指さして責めるからとがめると読むのだろう」と解釈して覚えました。

この調子で自信を持って受検できるレベルに到達できるかどうかはわかりませんが、次回検定日まではまだ90日以上あるので頑張りたいと思います。

 

「雪は小止みになってきました」が気にかかる

今朝の「めざましテレビ」で関東地方が真冬並みの寒さになったニュースが大きく取り上げられていたのですが、私はフジテレビの三宅正治アナウンサーが「雪は小止みになってきました」と言っていたのが気になって堪りませんでした。

画面を見ると雪はまだちらついていたからです。

「小止み」と「小降り」

三宅アナは先日の雨の日の放送で「雨は小止みになってきました」と言っていたので、それを正しいと思っているのだと思うのですが、やはりここは「雪は小降りになってきました」と言うべきでありましょう。

国語辞典で調べると、「小止み」は「雨や雪などがしばらくの間降りやむこと」、「小降り」は「雨や雪の降る勢いが弱いこと」となっています。

一般人が「雨が小止みになってきた」と言っても(そういう人を見たことはありませんが)さして気になりませんが、話すプロである民放キー局のアナウンサーが発すると猛烈に違和感を覚えます。

最近のテレビにはちょっとしたことでクレームが入ると聞きますが、三宅アナの「小止みになってきた」は誰も何も言ってこなかったのでしょうか。そんな些末なことが気になるのは私だけ???

言葉は生き物

文化庁の「国語に関する世論調査の結果」を見ると、「流れに掉さす」とか「枯れ木も山のにぎわい」を本来とは違う意味で理解している人が増えたように、そのうち誤った理解が大勢を占め、容認、定着するのかも知れません。

国語辞典でも普段自分が正しいと思って使っている言葉が「誤用」とされていて驚くことがありますが、言葉は時代と共に変わっていくものなのでしょう。

まとめ

そうは言いながらも、やはり言葉遣いはその人の知性や教養を測る物差し。私自身は年齢や立場にふさわしい言葉遣いを話法も含めて意識していきたいと思っています。